おしゃれな木製調理器具を長く使うメンテナンス方法

お手入れ方法を知ろう

お気に入りの木製調理器具

乱暴に洗うと、木製調理器具にダメージを与えてしまいます。 丁寧に、優しく洗うことを心がけましょう。 また傷つけないよう、柔らかいスポンジを使うこともポイントです。 さらに濡れたままにしているとカビが発生するので、洗い終わったらよく乾かしてください。 もっと読む

柔らかいスポンジを使おう

愛用している木製調理器具があるなら、長く使えるようにお手入れをしてください。
すぐ木製調理器具が汚くなってダメになることを悩んでいる人は、日頃のお手入れに問題があるのかもしれません。
正しいお手入れ方法をこの機会に知って、毎日実践してください。
木製調理器具を使ったら、すぐに洗剤で洗ってください。
この時はスポンジを使いますが、柔らかいものを選びましょう。
そして綺麗に洗剤を洗い流し、しっかり乾かしてください。

ずっと木製調理器具を使い続けていると、次第に黒ずみが出ます。
それは素材の木に含まれるタンニンという成分が原因ですが、気になる人がいるでしょう。
綺麗にしたい場合は、ヤスリで磨いてください。
この時に使うヤスリは、少し粗めにするのがおすすめです。
しかしこまめに磨くと木製調理器具が薄くなったり、傷がついたりするので本当に黒ずみが気になった時にだけ行いましょう。

油脂を塗りこむのも、木製調理器具を丈夫に使い続けるためにおすすめの方法です。
オリーブオイルやアマニオイルなどを布に染み込ませて、木製調理器具に刷り込んでください。
この時に余計な油があったら拭き取り、後は乾かしましょう。
このようにきちんとお手入れしていれば、プラスチック製の調理器具よりも長く使い続けられます。
難しいお手入れではないので、これまで木製調理器具を避けていた人も購入してみましょう。
お気に入りの調理器具があれば、料理がもっと楽しくなります。

黒ずみが気になる場合

木製調理器具は、どんな大切に使っていても次第に黒ずんでいきます。 それは素材の木が原因で、衛生面に問題はありません。 そのままにしても良いですが、見た目が汚いと思う人がいるでしょう。 改善するなら、ヤスリで磨いてください。 この時は、磨きすぎないように注意しましょう。 もっと読む

油を使って強化しよう

オリーブオイルやアマニオイルなどを使うことで、木製調理器具の耐久性を高めることができます。 一般的に木製調理器具は壊れやすいと言われていますが、油を染み込ませればプラスチック製の調理器具よりも丈夫になります。 それなら、長年使い続けられるでしょう。 もっと読む