おしゃれな木製調理器具を長く使うメンテナンス方法

お気に入りの木製調理器具

傷つけないで洗おう

基本的に木製調理器具を使った後は、すぐに洗ってください。
たくさん汚れが付着しても使った直後であれば、簡単に落とすことができます。
ずっと放置すると汚れが沈着して、落とすのに時間が掛かるので注意しましょう。
簡単に落とせる汚れなら軽い力で良いですし、柔らかいスポンジでも大丈夫です。

早く汚れを落としたり、こびりついた汚れを落としたりするのに固いスポンジや金属製のタワシを使う人が見られます。
しかしそれらでは木製調理器具を傷つけてしまうので、使わないでください。
木製調理器具に傷がつくと、そこに汚れやバイ菌が侵入します。
するとスポンジで擦っても落とせなくなり、非常に不衛生なので傷つけないで洗うことを守りましょう。

カビを発生させないように

洗い終わった木製調理器具は、乾いた布巾で水気を拭き取ってください。
しかしそれだけで完全に乾かせていないかもしれないので、風通しの良いところに置きましょう。
完全に乾いてから、棚や引き出しにしまってください。
木製調理器具はカビが発生しやすいですが、その原因は湿気です。

濡れている状態で棚や引き出しにしまうことで周囲に湿気が溜まり、カビが繁殖して使えない状態になると覚えておきましょう。
さらに木製調理器具にカビが発生すると、他の調理器具にも伝染する可能性があります。
自宅で使っている調理器具のほとんどにカビが発生したら、一気に買い替えなければいけないので出費が大きくなります。
そうならないよう、カビ対策を行いましょう。


この記事をシェアする