おしゃれな木製調理器具を長く使うメンテナンス方法

油を使って強化しよう

おすすめの油を用意しよう

丈夫にさせるために、油脂を木製調理器具に刷り込んでください。
オリーブオイルやアマニオイル、クルミオイルなどがこの時に使えます。
普段から料理を作る時に使っている油で構わないので、新しい木製調理器具を買ったら最初に行っておきましょう。
方法は簡単で、油を布にたっぷり染み込ませます。
そして木製調理器具を拭くだけで良いので、時間は掛かりません。

木製調理器具に油を刷り込んだ後に量が多いと思ったら、余計な分を拭き取りましょう。
放置すれば乾くので、完璧に乾いたら木製調理器具を使えます。
木製調理器具は弱く、すぐ壊れてしまう製品が多いですが、このようなお手入れをすることで、プラスチック製の調理器具よりも耐久性が増します。

普段から大事に使うこと

今使っている木製調理器具が壊れたら、すぐに買わなければいけません。
しかし、これまでと同じような木製調理器具が見つかるとは限りません。
なかなか見つからず、妥協する人が見られます。
妥協した木製調理器具では使いにくいですし、見た目が気に入らないので料理が楽しくないでしょう。

そこで、常に木製調理器具を大事に使って壊れないように工夫してください。
今は木製調理器具の種類が増えているので、菜箸やしゃもじ、スプーンなどを全て木製にすると良いですね。
統一感が出ると収納する時の見栄えが良くなりますし、ナチュラルな雰囲気を出せます。
お手入れが面倒だと思って避けていた人がいますが、簡単な方法を続けるだけで良いので大丈夫でしょう。


この記事をシェアする